MT4を使ってシストレで100万円稼ぐ日記

255月/16Off

キャッシングで電話に対応しないと落とされる事も

By: Rachel Docherty

融資商品では、電話は大事です。それに申込をしますと、たいていは電話が来ます。申込者の勤務状況を、チェックする意図があるからです。ところでその電話には、必ず出るべきです。万が一出る事ができないと、借りるのが難しくなるのです。

金融会社は職場などに対して電話をかけてくる訳ですが、それには回数制限があるのですね。基本的には3回や4回くらい電話をかけるのが一般的です。それで何回か連絡して、本当に勤めているかどうかを確認したい訳ですね。問題は、その電話に出る事ができなかった時です。万が一電話に出られないと、前述のように落とされてしまう事があります。いわゆる連絡不能と見なされてしまう訳ですね。それで借りる事ができなくなるのは、非常に悲しいでしょう。

逆にその電話に出る事さえできれば、たいていは借りる事ができます。というのもその電話は、審査の最終段階にて行われる事が多いのですね。いわゆる最終チェックの意味合いがありますので、その電話に出られれば大抵通る訳です。それを考えると、やはりその電話確認は非常に重要度が高いと言えるでしょう。ちなみにその電話の回数は、ちょっと金融会社の繁忙状況にも左右されるようですね。というのもその申込は、時期によっては集中する事もあります。繁忙期などに差し掛かってしまうと、金融会社としても1件でも多くの申込者に対応をしなければなりません。

そのような時には、架け電の回数を減らす事があります。普段であればキャッシング申込者に対して4回ほど架け電しますが、繁忙時には3回や2回などの具合です。ですので金融会社の申し込みが殺到している時などは、なおさら急いで電話に出るべきなのですが。どちらにしてもその融資商品は、電話確認は非常に重要度が高い事だけは確実です。できれば職場の方に「金融会社から電話が来るので、受けて下さい」などと話を通しておくと、キャッシングの申込もスムーズになるでしょう。
参考:キャッシング比較の巨匠.jp コラム

Filed under: 未分類 Comments Off
2511月/15Off

MT4は多くに魅力に富んでいます

By: epSos .de

FXのトレードをするにあたって、どういったチャートソフトを使用するのか、というのは、極めて重要なポイントです。たとえ話をしますと、料理の得意な人でも、古い道具しか与えられないとしたら、自分の技量を発揮することができません。その人が料理の才能にも恵まれ、経験も豊富であったにしても、道具がなければ力を発揮することができないのです。同様に、FXの外貨取引において、大変秀逸なスキルを持っていても、ちゃんとしたチャートソフトを利用していなければ、望ましい結果が得られるはずがありません。そこで、今、専門家の間でも非常に注目を集めているのが、MT4です。

MT4はたくさんの魅力を持っていると言われています。まずは、完全無料であるという点です。実は、必ずしも、口座さえ開けば無料でチャートソフトを使用できるというわけではありません。口座に一定額の入金があることとか、ある期間内で一定回数以上の取引があることなどの条件を満たしている場合は、チャートソフトを無料で使える、というFX会社も少なくありません。それを考えますと、MT4は、文字通り、完全無料で利用できるのですから、お得感はたっぷりです。

さらに、昨今は、日本語に対応したものも多くなってきています。英語のみというチャートソフトが多いのですが、MT4の場合は、日本語対応のものが目立ってきました。日本人ユーザーにとっては、日本語対応のほうが使い勝手がいいことは言うまでもありません。そして、高度なチャート機能も好評です。標準のテクニカル指標をカバーしていることはもちろん、たとえば、複数の通貨・時間軸のチャートを複数の画面に並べることも簡単にできます。

MT4の最大の魅力は、自動売買機能にあるといっても過言ではありません。最初から標準で装備されているシンプルなロジックだけでも、思いのほか多額の収益をあげることが可能です。さらに、より進化したものを自分で開発したり、あるいは、他の人が作ったものを、取り入れることも可能です。"

Filed under: 未分類 Comments Off
1411月/15Off

MT4を無料で活用

By: epSos .de

MT4のような高性能取引ツールを無料でダウンロードして使えるのは有利であり、世界中で認められた世界標準取引ツールですからあらゆるトレーダーにとって有効で使いやすいという定評があるものです。日本でもMT4を使う事は出来ますし、MT4をツールとして使える業者もありますから、まずは無料で口座開設やデモ取引を行ってツールの使い方に慣れてみるのも良いでしょう。使い方に関する情報も充実したものですし、サイトや動画等で学んでいけば疑問点は解消されていきますし、使いこなせるようになるとチャート分析をしたり、取引時に自動売買にしたり裁量トレードを行ったりと状況に応じて対応可能なものです。

MT4は非常に普及したものであり、続編の5もありますが、どちらが相性が良いかは使ってみて判断すれば良いですし、4に慣れている方は続編に移行せずに継続的に使っている方も多く、5から入った方はそのまま使うという感じになっており、今でもMT4は世界中で親しまれる取引ツールとして活躍しています。取引を行う時にツールは重要であり、使いにくいもので取引すると調子が崩れる事もありますし、慣れ親しんだツールが最も良いものですが、MT4に慣れておくと、慣れた時に出来る事が多いですから、非常に有利に取引を進めていける可能性があるものです。

海外の業者を開設して取引を行いたい場合でも、海外業者はMT4を推奨している所が多いですし、新しくツールに慣れる必要もなくスムーズに取引に参加出来るメリットがあります。MT4に興味のある方は、まずは無料でダウンロードを行って、試しに使ってみる事が望ましいですし、慣れれば非常に汎用性の高いツールとして活躍してくれます。裁量トレードで勝てない人は一度自動売買を行って取引してみるのも良いですし、様々な利点を感じる事が出来る可能性があるものです。

Filed under: 未分類 Comments Off
3010月/15Off

どのくらいの損失までなら許容することができるか

By: Neal Fowler

FXの取引をするにおいて考えなければいけないことがいくつかありますが、その中の一つに取引をするにおいてどのくらいの損失を許容することができるのかということです。FXの取引では損失を出してしまうことは当たり前のことで、これとうまく付き合っていかないと利益を出すことはできません。損失を出すのが当たり前という前提において、どのようにすれば利益を出すことができるのかというと損失をできるだけ抑えることが大切になってきます。そこでFXの取引をする場合にどのくらいの損失までなら許容することができるのかということを知りたいところです。

そこでどのくらいの損失であれば許容することができて、普通に取引を続けることができるのかというとこれは取引期間によって変わってきます。そのため自分の取引する期間に合った損失許容額を把握しておくことが大切になってきます。具体的にはどのくらいになるのかというとまずスキャルピングやデイトレードなどの短期取引の場合は獲得する利益も少ないため、当然損失許容額も少なくなります。スキャルピングの場合は平均で10pip、多くて20pipの利益なので、5pip程度が損失の許容額ということになります。実際にスキャルピングの方法で取引をする場合においてはダメだと思ったらすぐ損切りすることになります。

またデイトレードの場合は獲得する利益はスキャルピングに比べて多くなり、30pipから50pipくらいが平均で多い場合は100pip以上の利益を獲得することが可能です。そのため損失を許容できる額は大体20pipから30pip程度であるということが言えます。それから数日間から1週間前後の期間で取引をすることになるスイングトレードの場合は100pip以上の利益を狙うことができるのが通常なので、損失の許容できる額も50pip程度にはなります。このような取引期間によって損失を許容することができる額が違うので取引をする際に頭に入れておきましょう。

Filed under: 未分類 Comments Off
2310月/15Off

為替相場は、レンジ相場とトレンド相場の2種類にわけられる

By: np&djjewell

7月20日。祝日のため、東京株式市場はお休みで、相場が動かないに決まっていると思って見ていました。思った通り、ほとんど動きません。だけど、中国株式市場はやっていますから、10時を過ぎてしばらく経つと、早速豪ドル円が動きました。中国株の軟調さを嫌気して下方向に行き、95円手前まで下落した後、反発しています。1時間足を見ると、95円付近では厚い買いが入るみたいで、豪ドル円は反発する動きを見せています。

今の豪ドル円は、95円から96円までのレンジみたいです。損切りを浅めに設定して95円に近づいてきたときに買い、96円に近づいたときに売りをします。この戦略が今の豪ドル円にとってはぴったりなのではないかと思いました。為替相場はトレンド相場とレンジ相場の2種類にわけられます。トレンド相場の特徴は高値か安値のどちらかをどんどん更新して、値が動いていきます。上昇トレンドでは、買いエネルギーが強く、下値がどんどん切り上がって高値を更新していきます。また、下降トレンドでは、売りエネルギーが強く上値が切り下がり、安値をどんどん更新していきます。

どちらも一方通行に動くので、トレンドが続く限り、そちらの方向にポジションを傾ければ利益を得ることが出来ます。トレンドといえども動いていく中で、少しばかりの波を作って、逆方向に動く場面があります。上昇トレンドの場合は、一時的に下げることを押し目と言い、下降トレンドの場合は一時的に上げることを戻りと言います。上昇トレンドの押し目買い、下降トレンドの戻り売りとは、この一時的な波を狙って仕掛ける売買です。それに売買は押し目買い、戻り売りを徹底することが基本です。

チャンスを逃したくない人がやってしまう追っかけ買い、追っかけ売りは、上手く行けば美味しいですが、失敗する可能性が高いと私は思います。失敗したくないから、絶対押し目や戻りを待ってポジションを持つようにしています。飼い主が犬をしつける時にやっている待て!ですが、相場でトレードするにあたって誰も、待て!と言ってくれません。自分が自分で待て!としつけて焦らないようにするしかないのです。

Filed under: 未分類 Comments Off
710月/15Off

投資の初心者にはあまりお勧めできない取引です

By: US Embassy Canada

今は、世の中全体が貯蓄から投資へという方向に向かおうとしています。なぜならば、インフレの恐れなどがあり、預貯金だけではお金の価値が下がってしまうといわれているからです。そして、いわゆる投資の広告も多くみられるようになってきました。しかし、投資というものにもいろいろなものがあります。そして、初心者でも比較的簡単に利益を出せるようなものもあれば、初心者には勧められないものもあるのです。投資を始めようと思ったら、こういったことも調べておくといいでしょう。

さて、FX取引というものは、初心者にはあまりお勧めできないものです。なぜならば、ハイリスクハイリターンな投資商品の代表ともいえるものだからです。そのFX取引の伴うリスクですが、それはレバレッジというものによります。このレバレッジのために、とても大きな利益を期待することもできます。しかし、その反対に大きな損失を出してしまうことがあります。これもレバレッジによるものです。

FX取引というものが有名になる前には、先物取引で大きな損失を出してしまった人のことが問題になりました。そして、先物取引に手を出すと大変なことになってしまうといわれていました。FX取引というものは、先物取引の通貨版だといえるでしょう。

先物取引では、いわゆる商品というものを扱います。そして、FX取引では外貨を購入して取引することになります。いわゆる年配の人ならば、先物取引は怖いというイメージがあると思われます。でも、FXの広告などをみると、そのような気配は感じられません。そして、少ない自己資金から始められるということをしきりにアピールしています。

でも、FX取引とは、基本的に、投資の初心者にはあまりお勧めできません。また、間違っても、一獲千金を夢見るような気持ちでFX取引に臨んではいけません。FX取引というものを甘く見ていると大変な目に合うこともあるのです。ただ、それに耐えられるだけの経済力があれば、トライしてみる価値はあるといえるでしょう。

Filed under: 未分類 Comments Off