MT4を使ってシストレで100万円稼ぐ日記

3010月/15Off

どのくらいの損失までなら許容することができるか

By: Neal Fowler

FXの取引をするにおいて考えなければいけないことがいくつかありますが、その中の一つに取引をするにおいてどのくらいの損失を許容することができるのかということです。FXの取引では損失を出してしまうことは当たり前のことで、これとうまく付き合っていかないと利益を出すことはできません。損失を出すのが当たり前という前提において、どのようにすれば利益を出すことができるのかというと損失をできるだけ抑えることが大切になってきます。そこでFXの取引をする場合にどのくらいの損失までなら許容することができるのかということを知りたいところです。

そこでどのくらいの損失であれば許容することができて、普通に取引を続けることができるのかというとこれは取引期間によって変わってきます。そのため自分の取引する期間に合った損失許容額を把握しておくことが大切になってきます。具体的にはどのくらいになるのかというとまずスキャルピングやデイトレードなどの短期取引の場合は獲得する利益も少ないため、当然損失許容額も少なくなります。スキャルピングの場合は平均で10pip、多くて20pipの利益なので、5pip程度が損失の許容額ということになります。実際にスキャルピングの方法で取引をする場合においてはダメだと思ったらすぐ損切りすることになります。

またデイトレードの場合は獲得する利益はスキャルピングに比べて多くなり、30pipから50pipくらいが平均で多い場合は100pip以上の利益を獲得することが可能です。そのため損失を許容できる額は大体20pipから30pip程度であるということが言えます。それから数日間から1週間前後の期間で取引をすることになるスイングトレードの場合は100pip以上の利益を狙うことができるのが通常なので、損失の許容できる額も50pip程度にはなります。このような取引期間によって損失を許容することができる額が違うので取引をする際に頭に入れておきましょう。

Filed under: 未分類 Comments Off
Comments (0) Trackbacks (0)

Sorry, the comment form is closed at this time.

Trackbacks are disabled.